コントラクト家具製作のながれ

1.設計図面受領

お客様よりコントラクト家具の図面をご提出頂きます。CADデータがございましたら合わせてご提出をお願いいたします。図面がない場合はラフスケッチでも構いません。

設計図面受領

2.製作図面の作成

お客様より頂戴した図面を元に、実際に製作を行う際の製作図面を作成いたします。製作図面のご承認を頂き、NC制御用のデータ作成を行います。

3.NC制御による部材のカット

製作図面のNC制御用データを用いNC工作機を使用し、部材のカットを行います。機械制御によるカットの為、寸法の精度が高いだけでなく、納期を短縮し、コストダウンも実現しています。

NC制御による部材のカット
NC制御による部材のカット

4.組み立て

カットされた部材を職人の手により組み立てを行います。家具工場はライン化されている為、組み立て専門の経験豊富な職人が組み立てを行ってまいります。

組み立て
組み立て

5.仕上げ

組み上がった家具の仕上げを行います。仕上げはウレタン塗装(クローズポア、オープンポア、クリア塗装など)、だけでなく、無垢板の場合はオイルフィニッシュやソープフィニッシュなど様々な仕上げが可能です。また、高圧メラミンや低圧メラミン、金属板の貼り付けなども勿論製作が可能です。

仕上げ
仕上げ

6.梱包

製作が完了した家具は輸送中に傷がつかないよう、発泡シートで包み、段ボールで梱包を行います。ホテル家具の場合、設置先の部屋番号や図面番号を記載した用紙を添付し、設置先での作業をスムーズに行えるような対応も可能です。お気軽にお申し付けくださいませ。

梱包
梱包

7.出荷

納期、納品先に合わせて最適なスケジュールで出荷を行います。出荷後は輸送状況を逐次ご報告をさせて頂きます。

8.納品

お客様にご指定を頂きました納品先にお納めをいたします。設置までご希望をされる際は各エリアにいる設置施工を得意とする職人さんと連携を取り、お客様の現場監督様と弊社監理のもと設置を行ってまいります。

納品
納品

※本製作例は京都市にあるデザイナーズホテルのコントラクト家具の製作、設置施工までを請け負った際の一部のものです。